あんなにも心の深かったあの娘

 あんなにも美しく、あんなにも優しく、あんなにも心の深かったあの娘。……はじめて女の叫び声をあげたあの唇。ひとの心を吸いとるようなあのふしぎな黒い眼。楊《やなぎ》の枝のようなよく撓《しな》うあの小さな手。……あの娘にもう逢うことが出来ないのかと考えると、そう思っただけでも、頭の中のどこかが狂い出しそうな気がする。 竜太郎は、両手で顔を蔽うと、喰いしばった歯の間で呻く。(あきらめない! どんなことがあっても、かならず探し出して見せる。たとえ、世界の涯まで行ってでも……せめて、もう一度だけ! たった、一度だけでいいから!) 心が激してきて、われともなく立ち上って、巴里の上に両腕を差しのばしながら、叫んだ。「どこにいるんだ? 君は、いったい、どこにいる?……言ってくれ、よゥ、言ってくれ」 切ない哀痛の涙が、泉のように眼からあふれ出す。もう、なりもふりもかまっていられなくなって、人通りのはげしい、そこの石段の上にしゃがみ込むと、腕で顔を隠して、大声で泣いた。 マラコウイッチ伯爵夫人の邸は、ペール・ラシェーズの墓地の裏側にあった。 大きな鉄門のついた宏壮な邸宅で、城壁のような高い塀が、その周りを取り巻いていた。 門を入ると、そこは広々とした前庭になっていて、小径のところどころに、ベニス風の小さな泉水盤《フォンテーヌ》が置かれてあった。 竜太郎は玄関の大扉のそばに垂れ下っている呼鈴の綱を[#「綱を」は底本では「綱をを」]引いて案内を乞うたが、いつまでたっても誰れもやって来ない。邸の内部には人の気配もなく森閑としずまりかえっている。 本邸の右手の方を見ると、玄関番の小舎が見えるのでその方へ歩いて行って扉を叩くと、内部から八歳ばかりの女の児が出て来た。「ちょっと、おたずねしたいことがあってお伺いしたのですが、どなたもいらっしゃらないの」 子供は、すぐ、うなずいて、小舎の裏手のほうへ駆け込んで行った。

— posted by id at 08:07 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0946 sec.

http://baqoo.cc/