唇《くちびる》をかみしめた

 クリストフは唇《くちびる》をかみしめた。顎《あご》がふるえていた。彼《かれ》は泣《な》きたかった。ゴットフリートは自分でもまごついてるようにいいはった。「実《じつ》にまずい。」 クリストフは涙声《なみだごえ》で叫《さけ》んだ。「では、どうしてまずいというんだい?」 ゴットフリートはあからさ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:17 pm  

僕の音楽《おんがく》

「実《じつ》にまずいね、気《き》の毒《どく》だが。」 クリストフは面目《めんぼく》を失《うしな》って、答える言葉《ことば》もなかった。ゴットフリートは憐《あわ》れむようにいった。「どうしてそんなものを作《つく》ったんだい。どうにもまずい。誰《だれ》もそんなものを作れとはいわなかったろうにね。」...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:16 pm  

歌をつくるには

「つくろうと思《おも》っても……」「思《おも》えば思うほど出来《でき》なくなるんだ。歌をつくるには、あの通りでなくちゃいけない。おききよ……」 月は野の向こうに昇《のぼ》って、まるく輝《かがや》いていた。銀色《ぎんいろ》の靄《もや》が、地面《じめん》とすれすれに、また鏡《かがみ》のような水面《す...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:15 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0415 sec.

http://baqoo.cc/