マナイールの国立図書館

 どうしたというのか、ヤロスラフは急に眼覚ましいほど快活な口調になって、「リストリア語とルウマニア語の比較《コンパレ》をなさるんでしたら、マナイールへおいでになった方が手ッ取り早いようですね。マナイールの国立図書館には、近東語の比較言語学のいい著述がたくさんありますから、巴里などでなさる半分の労力...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:12 pm  

竜太郎は、あわてて手を振った

「それは、たいへんだ。何か要る本があったら遠慮なく持って行きたまえ。……もし、そういう必要があるなら、ヤロスラフ君を貸してあげてもいいよ」 竜太郎は、あわてて手を振った。「いいえ、それほどのことでもないのです。……すこしばかり参考書を貸していただければ……」 そう言いながら、何気なく先生のとな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:12 pm  

竜太郎は、胸の中で、苦々しく、呟く

 あの愛らしい唇から、あんなにも優しく呼びかけあんなにもいくども誓った、あのかずかずの言葉は、みな、その場かぎりのざれごと[#「ざれごと」に傍点]だったのだ。 竜太郎は、胸の中で、苦々しく、呟く。(なにしろ、うまく遊ばれたもんだ) それはいいが、……それはいいが、これほどの自分のひたむきな熱情...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:11 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0281 sec.

http://baqoo.cc/